ブン吉くんはどうなった

皮膚肥満細胞腫 グレードU

ブン吉のちんちんのできものの手術の一週間後、摘出した組織の検査の結果が出るということで病院へ行きました。

 

検査の結果、 「皮膚肥満細胞腫」というものだそうで、診断書には「Patnaik分類 グレードU、Kiupel分類 低グレード」と、書いてありました。

 

皮膚肥満細胞腫 グレードU

 

ネット上で調べてみると、犬の肥満細胞腫というのは非常にありふれた病気で、犬の2割がかかるものだということです。

 

細胞の写真がこれです。
皮膚肥満細胞腫 グレードU

 

で、肥満細胞という名前から、なんか太ったらかかるのかなと思いがちですが、どうやらそうではなくて、アレルギーや炎症に関わる物質(ヒスタミンとかヘパリンとか)を分泌する、 犬の皮膚にありふれた細胞だそうです。

 

Patnaik分類というのは、病気になった組織を、組織学の立場から三つのグレードに分ける、1984年にPatnaikという方とその他の方が作った分類だそうです。

 

概要(かなり省略)は、次のような感じです。

グレード 状態 1500日以上の生存率
グレード1 真皮だけに限定 93%
グレード2 真皮深層や、皮下組織に広がることもある 44%
グレード3 皮下組織まで深く、広く浸潤する 6%

 

で、ブン吉は「グレードU」だったので、そんなに悪性でもないのかなというような気持ちでいました。

 

半分近くが1500日以上生きる、 ということですし、まあブン吉なら、拾ってからもう10年になりますから、あと4年も生きればまあいいところかなと思ってました。

 

再発しなきゃいいな、 と家でみんなで話してましたが、先生が言っていたことはちょっと気になりました。

 

「本当は大きく取りたかったんだけど、場所が場所(ちんちん)だけに最小必要限しか切り取れなかった」ってことです。

page top