ぴよしろう ブン吉 犬 病気

自分の怪しい登山ブログの「ぴよしろうの半日登山」で初期の頃によく登場した犬の「ブン吉」。

 

下の娘とブン吉。
ブン吉くんはどうしてる

 

もうすっかりジジ犬になってしまい、激しく病院通いをするようになりました。
捨て犬だったので、はっきりとは年齢はわかりませんが、家に来てから10年を過ぎており、もうそんなに長くは生きられない感じです。

 

今更ですが、ブン吉の思い出を残しておこうと思い、また、病気のことなどで犬を飼っている方の参考になればと思い久々にブログを記すことにしました。

 

ブン吉の病気のことや日常生活などについて、少しずつ書いていきたいと思います。

 

(令和元年10月31日)

病気

ブン吉を撫でていると・・・なんか皮膚の下にしこりがあります。体のいろんなところに、小さな塊のようなものができています。犬のお散歩仲間の方から「犬は年取ると、できもが増える」と聞いていたので「それか」と思っていました。でもそのうち、首にあるしこりが徐々に大きくなってきました。「なんか変だなー」と思い、...

日常

犬にオムツって、どうなのかなって思います。正直なところ。ただどんどん歳をとるにつれて、 色んな所で粗相をするようになりました。一日に一回ぐらいならいいんですが、 何度も何度もあちこちでするようになると、もう正直かみさんも具合が悪くなってきます。寝室に侵入され、 布団が何枚も死にました(涙)服やリュッ...

日常

最近は月のうち半分ぐらい孫が来るようになりました。孫が歩けるようになった頃は、ブン吉のことが珍しくて追い回したりしていたのですが、 ブン吉も孫もお互いにもうすっかり慣れてしまい、同じ空間にいるのは当たり前になりました。桜子とお散歩するブン吉。ちょっと困るのは、孫の桜子が食べ物を手に持っていると、隙を...

病気

ブン吉のちんちんのできものの手術の一週間後、摘出した組織の検査の結果が出るということで病院へ行きました。検査の結果、 「皮膚肥満細胞腫」というものだそうで、診断書には「Patnaik分類 グレードU、Kiupel分類 低グレード」と、書いてありました。ネット上で調べてみると、犬の肥満細胞腫というのは...

病気

3月に病院に行ったときのことです。先生が「これ、腫瘍だね」といいます。ぴよしろう「どこですか?」先生「ここ。おちんちんのところ。」ちんちんのところを見ると、なんか皮が厚くなった感じになっています。先生「様子を見て、大きくなるようだったら、手術して取った方がいいと思うけど。」ぴよしろう「わかりました。...

病気

ある日家に帰って来ると「今日ブン吉死にかけた」というのです。「何それ?」と聞くと、次のようなことがあったそうです。かみさんが、ブン吉の大好きなホッケを食べさせていた時のことです。ホッケの身を、少しずつとって、ブン吉に食べさせていたのですが、取り外してあったホッケの骨がポロリと皿から落ちてしまいました...

病気

3月年ほど前、ブン吉が死にそうになったことがありました。何がどうしたかと言うと、めちゃめちゃ弱り、その上おしっこをしていないのです。病院に行ってわかったのですが、ブン吉は前立腺肥大症になってしまい、尿道が圧迫され、ほとんどおしっこが出せない状態になっていたのです。そしてそれと同時に、なぜかヘルニアも...

病気

うちの愛犬ブン吉は月に一度、病院に行きます。もうじじ犬なので、いろいろな薬を飲んでいます。まず心臓肥大の関係の薬。次に咳とか喘息の薬。なんか心臓が肥大して、肺や気管を圧迫しているようです。あと、ヘルニアを抑えるというサプリ。なんかこれが高いようです。そして、かゆみ止めの抗ヒスタミン剤。あと、この他に...

昔のこと

ブン吉は10年前に市役所から引き取りました。ブン吉は、北広島市大曲南ヶ丘のゴミステーションにダンボールに入れられて捨てられていたそうです。近くに住んでるアパートの方がブン吉をみつけて回収し、市役所に連絡してきたのだそうです。ひどい話ですね。当時知り合いだった、市の犬の担当の方に「飼ってみない?」と勧...

病気

犬のブン吉を引き取ってすぐに、まずは病院に連れて行きました。狂犬病などの予防接種をするためです。先生には捨て犬だったことを伝え、健康診断的にいろいろ見ていただきました。尿道炎、膀胱炎検査の結果、尿道炎と膀胱炎を起こしていることがわかりました。先生は「病気だったから捨てられたのかなあ」とも言ってました...

page top